久し振りに私は取り寄せ購入したLafont(ラフォン)2011SSの[FEE]にレンズを誂えるために、地元福岡で以前から行ってみたかった、完全予約制、まさに一客一亭のメガネサロンSHIRAISHI OPTIQUE(シライシ オプティーク)に訪れてみました。マンションの一室の隠れ家のような静かな店内は北欧スタイルに整えられ、店主である白石和也氏に丁寧に接客いただきました。確かな技術と知識、どのようなメガネをどのように合わせるか、レンズも単純に見えるように、ではなく使う人の様々な暮らしのシチュエーションに合わせるという細やかな、これまでに経験したことのない検眼とレンズ選びを愉しませていただきました。趣味性の高いものを選び誂える時は、こうあるべきだなぁとつくづく感じました。また、そこで新たに出会ったのがSeacret Remedy(シークレット・レメディ)、まず、その形と色の美しさに魅了されました。それは、アイメイクをしている女性ならではの発想から生まれたメガネフレームだそうで、メイド・イン・ジャパンであることにも驚かされました。アセテートを磨いて出した光沢は磨かれた天然石のように美しい仕上がりで、このシックな色合いのミルフィーユのような多層カラーがひときわ素敵に感じました。
<Seacret Remedy/S-003/カラー : 03/24,150円>