「元気の素」を贈る!夏ギフト・お中元

夏本番!暑い夏がいよいよ到来、夏バテしないように、水分や栄養をしっかりとって、心身共に健康に過ごしたいですね。今年は特に早い夏で、しかも世界的にもヒートアップしていて大変なニュースも日々舞い込んで来ますが、まずは身近なところから意識して、動じず惑わされず、よく食べて、ココロもカラダもアタマも元気に強くいなければ始まりません。自分や家族、友人や知人、お世話になった方々に「元気ですか?いつも、ありがとう。」と挨拶を交わして感謝し合うのが「お中元」。堅苦しく考えず、共に暑い夏を乗り切る掛け声・エールのようなものと捉えて、気軽に喉ごし爽やかな飲料や食欲増進させるご飯のお供や調味料などを贈りたいですね。
和洋問わず美味しいものが満載の久世福商店サンクゼールのオンラインショップをのぞいてみて下さい!きっと、贈りたくなる夏ギフトが見つかりますよ!
人気の「いちごミルクの素」や「檸檬サワーの素」「万能だし」など私も気になるものがいっぱい。この夏みんなで元気の素を贈りましょう!

20
7月
2022

飴色の宝石=シュクル・ドルジュ

優しい口溶けの、懐かしく素朴な味わい。それはルイ14世も絶賛したと言われる、フランス最古の大麦キャンディ『シュクル・ドルジュ』。

 中世のパリ1638年、南東セーヌ=エ=マルヌの小さな村「モレ・シュル・ロワン」で天使の聖母ベネディクト修道院のシスターによって生み出されました。

その秘伝のレシピを忠実に受け継ぎ、直径5センチにも満たないほどの小さなアンティークの美しい化粧缶に、ぎっちりと十数粒も詰め込まれ、今も変わらず、輸入食品を扱う店などで手にすることができます。

表にロイヤルブルーと黄金色に輝く紋章、裏にはロワン川沿いの風景、さらに縁はぐるりと原料の大麦の絵がつらなり、むしろ飴よりお気に入りの練り香水やリップバーム入れか、大切なピルケースに似つかわしい恭しさを湛えています。当然昔は、薬と同じ価値効能のあるものとして砂糖菓子やチョコレートは貴重品で王侯貴族の服するものだったわけで、復刻された装いはまさにその証の名残りと言えますよね。ちょっとしたお礼に品格や上質さを添えたい時に覚えていると重宝な定番佳品ですね。

13
7月
2022