パリ生まれの魅せるデザインシュガー

この蝶々をかたどった可憐なお砂糖に私が出会ったのは2002年、パリのやはりボン・マルシェが最初でしたが、その後、東京のインテリアライフスタイル展で、さらに福岡の岩田屋新館では蝶々だけでなくリボン、ハート、ダイヤモンド、花、エンジェル、鳥など、夢のあるモチーフをフルラインで揃えたショップにも遭遇しました。テーブルに飾るようにストックできるシュガースタンドやケースも様々あり、お客様をお招きする際やホームパーティーにふさわしいお洒落さんなお砂糖アイテムだと実感しました。ちょっとしたお礼やお返しなどのプチギフトにも、必ず使っていただけるもので、それでいて装飾性に富んでいるので、これからの時期などお家に常備しておくと重宝ですね。一粒一粒で形成される角砂糖の常識を超え、製品形状からパッケージまで、シンプルでエレガントな美意識に貫かれ、カップの縁に掛けられたり、マドラーを中央に通せたり、独創的なアイディアにあふれています。さすが、その造形美に追随を許さないパリを中心に、ヨーロッパ中の審美眼の高い人々に支持されている「CAN A SUCカナスック)」は、1992年にフランスで創設されたパストラーレ社によるものです。

14
12月
2015

秋の線香花火

福岡・博多に生まれ育った私には、線香花火といえば、この形( スボ手牡丹 )。これは300年変わらない線香花火の原形だとか。ワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが始まりだそうです。いたずらっ子の発明でしょうか?米作りが盛んな関西地方には、ワラが豊富にあったため、このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきたとのこと。関東で一般的なのは、こよりのような虹色に彩色された和紙などで作られたタイプ( 長手牡丹)。

日本で唯一、現在もこの二種類の線香花火の製造を行なっている、筒井時正玩具花火製造所

線香花火1本に使われる火薬は0.08グラム。わずか100分の1グラムの増減で、燃え方が大きく左右されるらしく、もっともシビアで繊細な花火といわれる所以だそうです。その火薬に使う材料の要となるのが松煙。花火づくりに不可欠な油分を豊富に含んでいる、切って30年以上寝かせた宮崎産の松の根からとれる松煙を使用。

ワインと同様、線香花火も「熟成」によって味わいが深まるのだとか。時を経た線香花火は、どこかやわらかく、温かみのある火花を散らす、と。サイトにありました。その言葉にしたがい私も夏に購入した、この線香花火を秋にひとり愉しんでみようと思います。
http://www.tsutsuitokimasa.jp/index.html
<西の線香花火 スボ手牡丹 15本(1箱当たり)税抜600円>

04
9月
2015

手には手の足には足のネイルクリッパーズ

きっと皆さんもお気に入りのツメ切りをご愛用だと思いますが、最近はネイルサロンに行かれる方も多く、たとえば10年以上もヤスリしか使っていないという女性も増えたのかも知れませんね。割れやヒビの原因になるのでツメ切りは一切使用しないという方も当然いらっしゃるのでしょうが。私はエステやサロンに集中して通っていた時期もあるのですが、現在は一周して普通にお家でツメ切りもしていますが、かなり昔、東急ハンズで入手したヘンケルのペンチのような刃が斜めになった足用とTRIMと刻印された金色のごく小さな携帯用ツメ切りを手専用としてポーチに入れています。数ヶ月前にショップをいつものように眺め歩いていると、この手は手、足は足と間違えようもない、そのままの形のデザインに、いかにもU.S.A.な感じがウケてひとり笑ってしまったのですが、よく海外の土産物屋などで目にするようなフィーリングですよね。 それもそのはず「日々の生活をより楽しめるもの」をテーマとして、デザイン性だけでなく、機能も兼ね備えたユニークでスマートな製品を生み出すことをモットーに1992年に設立されたKIKKERLAND(キッカーランド)社のものでした。これまで有名デザイナーと共に、好奇心が刺激されるようなアイデアが詰まったオリジナルプロダクトを数多く発表しているそうで、やはり世界各国のお店やミュージアムショップで販売され親しまれているとのこと。実用のプチギフト、引き出物としても良さそうです。 http://detail.co.jp/brand/kikkerland/
<HAND & FOOT NAIL CLIPPERS SET 680円>

07
8月
2015

歯みがき&歯ブラシもビジュアル系

歯みがき粉も歯ブラシも毎日見て使うもの。なのに、色も形もなかなか気に入ったデザインのものはありませんよね。どうしても日本は昔からその効能や成分をやたらと宣伝するパッケージが未だに先行していて、ドラッグストアや量販店においてもガチャガチャと目にうるさく綺麗なものは少なく、たまにイイなと思うと高級すぎたり、凝りすぎたり、逆に地味すぎたり、コレといったものに性能も含め出会えませんでしたが、唯一これは素敵かなと思えたのでご紹介しようと思います。

made of Organics(メイド オブ オーガニクス)は、心地よく使えて、しかも安全で安心な“素性がきちんとわかる”オーガニック製品を世界中に探し求め、優れたメーカーとのみプロダクト化を実現させている“セレクトブランド”。 TEETHART(ティースアート)は、日本における歯のホワイトニングのパイオニアであるDr.TSUBAKIが1995年オープンし、東京・大阪・札幌・福岡など全国主要都市を中心に店舗展開する歯のトータルビューティーサロン。この歯みがきと歯ブラシは、そんな2社のコラボで共同開発されたホワイトニング専用のセット。歯を1本ずつ磨けるようヘッドは非常に小さく、また歯面をしっかり磨けるよう毛の長さも短くしてあります。このビジュアルなら、自宅や旅先の洗面スペースに置いてもよい一日をはじめられ、そして終えられそうです。
http://www.madeoforganics.com/
http://www.madeoforganics.com/oral/
http://www.teethart.com/
<made of Organics × TEETHART ホワイトニング専用歯みがき(25g)&歯ブラシセット950円>

17
5月
2015

薔薇の香りをたずさえて

香水やオードトワレといったものを久々に選んだ気がします。今は高貴な香りでも素朴な装いのものに惹かれます。香りの中でも最も人気のある薔薇・ローズをふんだんに使った、これはローズ・ドゥ・ボヌールラ・ソワレ。美しく上品なローズの香りに包まれる贅沢な夜のイメージで調香されています。ライチや木苺が香るトップノートから次第にスズランやフローラルの甘みへ、そしてアンバーの深みへといざなわれる香り。もう一つのル・マタン昼用は、爽やかな朝のローズガーデンのイメージで、シトロンやアップルのトップから徐々にジャスミンやムスクのニュアンスへと移り変わっていく香りを楽しめます。原産国フランスはグラースの調香師によって作られる香りは、その名の通り一日一日を心地よく幸せな時間にしてくれます。どちらのキャトル・セゾンの店頭でも出会えると思います。
<ローズ・ドゥ・ボヌール オードトワレ ソワレ(15ml)1,400円>

13
3月
2015

使える「ありがとう回数券」

春に「こころふせん」を見つけた時もとある文具店で気持ちが小躍りしてしまい、すぐさま雑誌に紹介したのですが、今年もやってくれました日本文具大賞2014デザイン部門優秀賞に輝いた、この「ありがとう回数券」。この響き、子ども銀行券や肩たたき券と同じ懐かしさを彷彿させますが、回数券切符型のミニカードで改札鋏も入れられた手の込んだ作りになっています。四角い囲みの中に自分の名前を書いて、借りた本を返す時などにメッセージカードとして挟んで使えます。この他、こころを伝えるコミュニケーションシリーズには、のしになったマスキングテープ「こころてーぷ」やのしの切手型シール「ありがとう切手しーる」、タグ形ぽち袋「こころふだ袋」、小さなギフトボックス「こころころころ」など、ちょっとした差し入れやお返しの際に助かるお茶目なアイテムが揃っています。お財布やバッグの中に常備しておくと、帰省など旅先での心づけや出会い頭のお年玉なんていう場合にも活躍してくれそうです。
http://maruai.co.jp/shop/kokorocommunication/
http://maruai-online.shop-pro.jp/?pid=107142267
<MARUAI designed by h concept + Asano Design Studio ありがとう回数券 11枚入り 432円>

15
12月
2014

何を入れるでもなく傍に提げていたいポーチ


誰もがひとたび目にすればノスタルジックな思いに駆られる、前輪が大きくて可愛いレトロな自転車。他にも気球やホルン、タイプライターなどの絵柄がプリントされた帆布のジッパーポーチたち。クラシカルでありながら現代のライフスタイルに合うステーショナリーや生活雑貨などを提案する「IDIOPIX & HIGHTIDE(イディオピックス アンド ハイタイド)」。カリフォルニアを拠点とし、過去の書物や図鑑、広告などに使われていた膨大な数のヴィンテージグラフィックを収集し、独自の感性を通して商品開発をしているクリエイティブユニットIdiopixと これまでも高感度なステーショナリーを作り出して来たHIGHTIDEとのコラボレーションから生まれた新しいプロダクトレーベルの新商品は早くも売り切れ続出で、私もまた再入荷待ちかな~と思っていますが、欲しいものはやはり、そう簡単には手に入らない方が嬉しいので、気長に度々アクセスしてみようと思っています。男性にも女性にも、年齢も問わず気に入っていただけそうです。
http://hightide.co.jp
<イディオピックス モチーフポーチ(レトロバイク)1,404円>
※現在、取り扱いなし。

13
6月
2014

ワインのお出かけに必携バッグ

ravi
いい製品は、ほんとにコロンブスの卵のような発想があって、しかもいたってシンプルに常識をやぶってくれて、誰の共感も得ることが出来るものだと感じますが、このワインツールを多く手掛けるカナダのブランドraviGOCOOL BAG(保冷ワインバッグ)もそのひとつ。

ホームパーティーの手土産や職場・打ち上げへの差し入れ、開店祝いなど、ちょっとワインやシャンパンを持って行くことも日本で日常となった昨今、せっかく冷やしていたのに持参する間に美味しくいただけなくなるのではもったいないですよね。そんな時このバッグを90分以上冷凍庫で冷やして、ピクニックやお花見などプチ・アウトドアにも持参すれば簡易ワインクーラーとしても大活躍!丈夫なビニール素材はかさばらず便利で、デザインも無駄なくスッキリしています。この重宝なバッグごとプレゼントすればきっと喜ばれること間違いなし。ここ数年内でコストパフォーマンスが非常に高く記憶に残っていたアイテムです。
<ravi /ラヴィ保冷ワインバッグ 950円>

20
1月
2014

1泊1粒、長旅1箱、『旅する石鹸』忘れずに。

どんなに美味しそうでも食べるものではなく、洗うもの。この小さな一粒で顔と全身を洗って少し残るくらいの分量に計算された、エコスマートな携帯用・使い切り石鹸。窯に掛けてゆっくりかき混ぜながら作る様からキャラメル作りが連想され、「旅行に持っていく携帯用の石鹸」と「遠足に持って行ったキャラメル」が結びつき、このコンセプトが生まれたという、五八GO × HACHI PRODUCTS五島史士Fumiaki Gotoがデザインした、『旅する石鹸』。見た目の可愛さ、使い勝手の良さもさることながら、その一粒の石鹸の質にもこだわっています。そもそも海外など旅先で満足できる日本人の肌に合うアメニティにあまり出会えなかった経験から、小さな使いきりの良質な石鹸があればいいなという考えに及んだとのこと。その製造を手掛けたのは、無添加ひとすじ手作り続けて約六十年の石鹸の老舗、兵庫の丸菱石鹸。防腐剤をはじめ品質安定剤、化学香料・色素などを一切使わず、食品原料のみを使用し、昔ながらの「水焚き鹸化法」「冷製鹸化法」という製法で、火を使わず、自然の反応熱のみでじっくりと時間を掛けて生の油を焚き上げ、さらに長期間の自然乾燥・熟成を経て仕上げられた石鹸は、天然の保湿成分やビタミンが活きていて、洗い上がりもしっとり、格別。ほんのり香る成分は3種類、はちみつ、やぎミルクとラベンダー。こんな石鹸の詰め合わせなら、きっとギフトも大歓迎ですよね。
旅する石鹸シリーズ
石鹸職人の美肌ブログ
丸菱油脂石鹸化学工業所 無添加石鹸本舗
<「旅する石鹸」はちみつ、やぎミルク、ラベンダー(1粒3g、16個入り)1,080円>

04
8月
2013

Myお茶ベスト1

なんと言っても私のベスト1は、No.57のホワイトティーシリーズ。そのパッケージは白く繊細で魅惑的。白茶は、緑茶・紅茶・黄茶・黒茶・青茶・白茶と6つに分類されるお茶の種類の1つ。高尚な香りと上品な味わい、その希少価値ゆえに、中国皇帝が愛飲し、古来よりとても大切に飲まれてきた貴重なお茶です。ホワイトティーの銀色にふわふわとした毛で覆われた新芽は、1つ1つ丁寧に手で摘まれます。愛飲家は、その美しい芽を“雲のように白く、夢のように緑なし、雪のように純粋で、蘭のように香る”と絶賛しています。年2回しか収穫されない白茶の生産量は、世界のお茶生産量の0.1%未満と極端に少なく、約8万枚の茶葉からたった450gしか出来ないそうです。世界の白茶の90%以上が中国・福建省産で、その生産技術はとても難しく、鮮度と高濃度ポリフェノールを保持するため、一葉とニ葉のみを摘み取り、数時間発酵させたら、すぐに火を入れ発酵を止め乾燥させるという、この製茶方法は経験豊富な熟練の技を持つ職人のみがすべて手作業で行うので、ホワイトティ-が芸術品といわれる由縁なのだとか。白茶はまた、お茶の中で最も優れた豊富な効能があるといわれ、古来から中国では「若返りの水」と伝えられ、不老不死が信じられて来たとのこと。

01
5月
2012