思わずパケ買い!逆輸入ゲンマイチャ

高級茶葉を量り売りしてくれる専門店やセレクトショップでも様々な良質なお茶の缶を見かけるようになり、何か新しく変わったものはないかなーと思いながら日々歩いていましたが、ずっと気にはなっていて、先月ヒルズ店の壁にズラリと並んだその素敵な絵柄の楕円形の缶をじっくり眺めてみました。中でも、一際目立つこの黄緑色バックに浮世絵の描かれたものがヒットして、日本人の感覚らしからぬ様子が気になりました。これは世界中を旅して感じた各国での「おもてなし」からインスピレーションを得たオーガニックブレンドティーシリーズのホスピタリティティーの1つ。このterre d’Ocのお茶を扱っているLOLA’S APARTMENTのショップスタッフの方に伺うと、このブランドはフランスのオック地方に位置するプロヴァンスのもので、やはり玄米茶は日本のものらしく、南仏のイメージを纏うとこのような出で立ちなることが逆に面白く、本当にパッケージだけで購入してしまいました。手軽なティーバッグスタイルのものも各種あり、量や価格帯のバリエーションも豊富で、それぞれの絵柄もお洒落で愉しくプチギフトに最適だと思いました。
http://www.lolas-apartment.com/fs/lolasapartment/2008000000875
http://www.lolas-apartment.com/fs/lolasapartment/4528809321790

17
9月
2018

10点満点のこだわりミカンジュース

かんきつ王国の愛媛から銀座へ、そして世界へ。10TENに私が初めて出会ったのは、昨年オープンした銀座シックスの地下2階の店舗で。オレンジ色のジュース、ジャム、ゼリー、ドライフルーツなどなど、それらが整然と並ぶ姿は圧巻でした。そして、オレンジ、みかんジュースと言ってもこんなにも素材の柑橘に種類があるのかと驚きました。しかも、飲み比べ出来るギフトセットも充実していて誰もが嬉しい贈り物にピッタリだと感じました。中でもこのセットがお値段もリーズナブルで、雑誌などにもイチ押しとしてご紹介しましたが、私自身も取り寄せて3種楽しく飲み比べてみました。面白いほどに味の違いもわかり、王道の美味しい温州みかん以外にも、ぜひトライしていただきたいなと思いました。他に、かんきつピールを絶妙なバランスでブレンドしたフレーバーコーヒーなどもあり、オフィスへのご挨拶や差し入れにも喜ばれそうです。見た目も可愛いみかんのコンポートやはちみつ、販売開始されたかんきつジェラートも興味津々。
http://10-factory.com
<こだわりみかんジュース3種飲み比べセット 200ml×3本(3種) 2,224円(税込)>

28
1月
2018

非常食「缶パン」を贈る

9月は1日の防災の日で明けることもあり、改めて自分の部屋やオフィスに備えられた防災グッズや非常持ち出し袋などのセット内容が万全かどうか再確認した方も多いのではないでしょうか?しかも、ここのところ天災・人災など連日物騒なニュースばかりが飛び交う中、自分ひいては人類にとってまで本当に正しく必要なものは何なのか?実用から思想レベルまで考え直した方も多いことと思います。
贈り物・プレゼント・ギフトを間違っても真逆の意味合いで贈ることの無きよう、共に有限の時間と空間、自然と大地を分け合って、たとえ、ささやかだとしても各々が最低限、今日明日を憂うことなく幸せに享受できていければと願うばかりです。
万が一の時に備えて、少なくとも顔を見知った範囲内でもわずか3日でも命を繋ぐお手伝いが可能なら、この缶に入ったパンは今こそ贈るにふさわしい贈り物だと思いました。
デニッシュタイプの食パンで有名なあのボローニャの香り高く美味しい保存食ー缶 de ボローニャ2個入3缶セット。プレーン、メープル、チョコレートと3種の味。多くの方に届きますように、祈りを込めて。

10
9月
2017

Bespoke Stationeryの魅力

つい先日、表参道の裏道を懐かしく歩いていて、切り絵のアレンジのような綺麗なウインドウが目に留まりました。そこは、素材・加工・デザインにこだわった手紙用品専門店、Winged Wheel(ウィングド・ウィール)でした。最近はペーパーアクセサリーなどもあり、上質の紙ものはやはり素敵ですよね。手で触れた時のその質感・風合いは格別です。Winged Wheel では世界に何万種類もある紙素材の中から、用途やイメージに合わせて最適と思われる素材を選ぶことから始め、綿素材100%のコットンペーパーや楮(こうぞ)という植物を原料とする日本の和紙なども独自に企画し、飽きの来ないシンプルな紙を提供しているそうです。 その紙に一枚一枚丁寧に活版印刷でエンボスを施したものや、オーダーして名入れしたものに手書きの言葉をひとこと添えるだけで、長く取って置きたくなる記念や思い出の宝物になりそうです。レターセット、カード、便箋、封筒、名刺、挨拶状、招待状、席次表、貼箱など、人と人を結ぶスローなコミュニケーション手段=文(ふみ)の文化を大切に「紙」を提案されています。季節の案内状やこれから訪れるバレンタインのメッセージカードも何か特別のオリジナルの一枚を作りたいという方にお薦めです。
https://www.winged-wheel.co.jp/

19
1月
2016

完璧オールインワンのコーヒーメーカー

私はいわゆるコーヒー通ではありませんが、だからこそ、このコーヒーミルまで内蔵され1台ですべて出来てしまうsiroca (シロカ) crossline 全自動コーヒーメーカーSTC-401 にひと目惚れしてしまいました!なんて、可愛いいんでしょう!小ぶりで四角くてブラック&シルバーで素敵!ドリップする直前に自動で粉状にすることで酸化を防ぎ、いつでも挽きたての香り高いコーヒーが楽しめるとのこと。コーヒー豆を入れたら後は水を入れ、スタートするだけ。自動で中細挽きにしてくれるのでゴリゴリせずに女性でも簡単に使える賢く頼もしいマシンです。しかもステンレスメッシュフィルターなので、豆の油分ごと抽出できコク深くおいしい挽きたてのコーヒーがすぐに出来上がり!もちろん粉からでもOK!ガラス製サーバーだから、コーヒーの抽出量、注いだ後の残量がひと目で分かります。ホットコーヒーなら最大4杯、マグカップで2杯、アイスコーヒーは4杯まで。ステンレスサーバーSTC-501 ならそのまま氷も入れられるので冷やして速攻飲みたいアイス派の方にはそちらがさらに良いかも知れません。コーヒー豆を引いたりコーヒーを淹れたりするミル付きバスケットは丸ごと取り外せるのでお手入れも簡単清潔でいたれりつくせり。 これは、まさに新生活にベストなギフトです。
サイズ(約):幅17.3×奥行22×高さ27cm/電圧:AC100V/周波数:50/60Hz/消費電力:600W/
抽出方式:ドリップ方式/最大使用水量:0.58L
https://www.aucsale.co.jp/products/brand/siroca/stc-401.html
※こちらは、とてもセンス良く面白いコーヒー好きの方のサイトです。久々に読んで楽しいサイトに出会いました。CAFICTさん、興味津々です。↓ ↓ ↓
http://cafict.com/tools/siroca-coffeemaker/
<siroca crossline 全自動コーヒーメーカー 15,000円>

12
4月
2015

コケティッシュな孔雀のラグマット

出逢ったのは約10年前くらいでしょうか、インテリアライフスタイル展の会場だったと思いますが、ようやく手に入れ、私の部屋のサイドテーブルの下に可愛くおさまっています。ブランドを象徴する孔雀をモチーフにしたキュートなラグマット。デザイナーはCoquette(コケット)の林きょうこ。「porte de reve(ポルト・ド・レーヴ)」はフランス語で「夢の扉」 。何気ない日常を使うことで楽しい毎日に変えてくれるモノを作り続けており、素材もデザインの一つとしてとらえ、カーテンやソファに使 うファブリックで、インポートの生地とCoquetteオリジナルの生地を合わせるなど、面白い工夫が見られます。他の何処にもない模様や色使い、素材の加工にこだわっているそうです。ファブリックは確かにシンプルなものを選びがちですが、たまには主張する個性的なものも置いてみたくなりますね。趣味が充分にわかっていれば友人のギフトには好みの柄を見つけ出して贈ってあげたいですね。
http://stylestore.jp/item/BH054-01-0000-A003/
<孔雀のラグマット アイボリー 10,260円>

17
9月
2014

金魚の石文鎮まだあるかな・・・

2008年から毎夏、千駄ヶ谷のSHIZENでガラス展を開いている久保裕子さんとご主人でもある津坂陽介さん。2010年富山に開いたお二人の工房は日の出ガラス工芸社。久保さんのこの一連の白い池の中をのぞくような作品を認識したのは2011年くらいでしょうか、そして2012年には、この桜の花びらを散らせた近い夏の到来を思わせる水面の下をスイスイと泳ぐ赤い金魚が印象的で、素敵なものを見つけた時、誰もがそうであるように、急に胸がドキドキして来たのを今でも覚えています。私も以前取材させていただいたことのある青山のうつわの店「」の姉妹店であるSHIZEN。どちらも暮らしに寄り添いながら、その暮らしを素敵なものに変えてくれる器が揃う。一貫した審美眼で集められた優れた作家ものに出会うことが出来るお店です。
http://shizenshop.exblog.jp/18053482/l
<石文鎮 春 小 ヒブナ(花びら付)7,350円 7.5×8×2.5>

08
8月
2014

ありそうでなかったステップスツール

スツールに踏み台の機能をプラスした、ありそうでなかった便利なアイテム。しかも見た目もお洒落でお部屋のインテリアを邪魔しません。これは、コーディネートした時の調和や空気感をまず大事に考えて日常使いのモノたちを選び、アートと道具たちの融合を心がけ『成熟した住空間』を提案するmaturite(マチュリテ)の顧客の皆さんの多くの声に応え、リニューアルして再登場したオリジナルのステップスツールです。

一段目の踏み台を折りたたんでスツールに。合成皮革のステップ部とマットブラック仕上げのアームがシックなデザイン。軽い汚れはふき取るだけでOK。高いところの物をとる時、ちょっと腰かけたい時にも大活躍。暮らしに欠かせない生活用品にこだわるマチュリテ青山店は、2004年7月、青山通り沿いにオープンしました。主張しすぎず上品なデザインのリビングやクローゼット、エントランス、バス周りのものが並んでいて、私も大好きなインテリアショップです。

サイズ:W39.4×D49×H52cm /1段目H30cm(収納時:W39.5×D28×H52cm)
座面:W30×D21cm/1段目(小) W37×D24cm /2段目(大)
耐荷重:100kg
http://www.maturite-online-shop.jp/index.html
<ステップスツール ブラック (MAT005) 9,800円>

14
2月
2014

待ってました!この平急須 後手

style=

やっと、心底欲しいと思える急須を見つけました!小さい頃から”お茶のみばあさん”とあだ名されるほど日本茶好きで、田舎の本家の怖がられていたおばあちゃんと何も知らない無邪気さで向かい合って座り、一口飲むごとに「あ~美味しい。」と半ば真似しながら育った私。
常にお気に入りの茶器はこれまで傍にいくつかありましたが、なかなか陶器、磁器、ガラスなどの素材に始まり色や柄、そして、なんといっても持ち手の形が問題で、完璧に納得できる形は何十年生きて来ても、また国内国外見て来ても想像以上に出逢えなくて、横手の白磁の波佐見焼きのものを2度も割られてしまい、同じものをまた買うべきか思案していて、特にこのところ洋風になり過ぎない後手のものがあればいいなと思っていたところに、いよいよ現れたこの東屋さんの平急須 後手!以前「東青山」を取材させていただいた時に中の茶漉しの目の細かさや、出っ張らず平らで、茶葉が充分に広がる大きさや、ちゃんとすり合わせしたお茶漏れのない蓋など、その優れた造りには感心していたので、ほんとに、待ってました!という後手で、形もゆったり優雅で素敵です。猿山修さんがデザインして大人気だったKaoruも可愛いフォルムでしたが、こちらが、より東洋な感じで、煎茶や中国茶をいただくには似合うなぁ~と眺めるたびに笑顔になります。急須といえば常滑焼き、その烏泥(うでい)の色といい、使うほどに育つ肌合い、窯元・高資陶苑の確かな仕事が生きています。詳しい商品説明は以下の2つのサイトをどうぞ。他にも気持ちのいい日用品が揃っています。特別なお歳暮には、お茶やお茶菓子だけでなく器を添えてもいいですね。
http://www.cotogoto.jp/item/541.html
http://www.scope.ne.jp/azmaya/chaki/
<東屋 平急須 後手 税抜6,000円>

24
10月
2013

叢は、いい顔した植物オンリー。

叢Qusamuraというサイトまたは、お店をもうご存知でしょうか?いえ、情報通や植物通なら、既に東京や広島、愛知などのセレクトショップやギャラリーで開催された展示で小田康平という名前やその手によって、本来の個性を生きる光を得た、他では見たこともないようなサボテンやなんともユニークな多肉植物たちに出会ったことがあるのでは?私はある陶芸家の作品を検索していて辿り着いたのですが。何故、今まで知らなかったんだろう、と口惜しくなったほど魅了され、ずーっと眺めたくなるような、不思議な植物たちがたくさん、しかもピッタリの鉢を着せられて最高に「いい顔」して並んでいる、いる。見事な世界観、素晴らしい道を切り開かれましたね。作品ひとつひとつが嬉しくて笑っているみたい。自分に、そして誰かにも贈りたくなる正真正銘の逸品ぞろいです!
http://qusamura.com/#home

02
7月
2013