非常食「缶パン」を贈る

9月は1日の防災の日で明けることもあり、改めて自分の部屋やオフィスに備えられた防災グッズや非常持ち出し袋などのセット内容が万全かどうか再確認した方も多いのではないでしょうか?しかも、ここのところ天災・人災など連日物騒なニュースばかりが飛び交う中、自分ひいては人類にとってまで本当に正しく必要なものは何なのか?実用から思想レベルまで考え直した方も多いことと思います。
贈り物・プレゼント・ギフトを間違っても真逆の意味合いで贈ることの無きよう、共に有限の時間と空間、自然と大地を分け合って、たとえ、ささやかだとしても各々が最低限、今日明日を憂うことなく幸せに享受できていければと願うばかりです。
万が一の時に備えて、少なくとも顔を見知った範囲内でもわずか3日でも命を繋ぐお手伝いが可能なら、この缶に入ったパンは今こそ贈るにふさわしい贈り物だと思いました。
デニッシュタイプの食パンで有名なあのボローニャの香り高く美味しい保存食ー缶 de ボローニャ2個入3缶セット。プレーン、メープル、チョコレートと3種の味。多くの方に届きますように、祈りを込めて。

10
9月
2017

雨ニモ晴レニモ好適レインサンダル

更新たいへん御無沙汰してしまいましたが、なかなか最近は心底ご紹介したいと思えるものが少なくて。そんな中でも先日、雨対策にGETしたサンダルがヒットでした!

実は、多くのハイブランドのサンダル製造やデザインを担う、知る人ぞ知るイタリアのシューズファクトリー「MENGHI」が生み出したサンダルブランド「HENRY&HENRY(ヘンリー アンド ヘンリー)」。その中の“COCO” シリーズは、ラバー ウェッジソールで全てのパーツがラバー素材から成り、ソールにはジュートのような型押し加工が施され、チープ感もなく適度な弾力性があり、それがクッション効果を生み出し、足が疲れず痛くならないのです!履いて歩いてなるほど実感、コレは間違いなくスグレモノです。日本人の足はバックストラップがよくハズレがちですが、感心するほど、よくデザイン計算されており、嬉しいことにピッタリとフィットしたままです。

さらにリーズナブルな価格(5千円前後〜)でカラバリも豊富、ベーシックからビビットな色まで、その日のスタイリングや気分に合わせて複数揃えたくなります。今らしいフロントボリュームといい、浅履き込みのフッターには三日月型の穴を開け通気性とお洒落アクセントまで兼ねさせ、さすが工業デザイン先進国イタリアの技とセンスに手抜きなし。

突然の雨に備え、いつ晴れても平気なお洒落度をキープできるレインシューズとして、また8センチヒールでも軽快な動きを満喫できるビーチ&リゾート仕様として、もちろん普段のタウン履きにも大活躍すること間違いなし!

16
5月
2017

心踊る可愛いアイスケーキ

チーズケーキで有名なルタオのアイス部門と言えるGLACIEL(グラッシェル)、もうご存知ですよね?アイスクリームをベースとしたスイーツ=アントルメグラッセの専門店。東京・表参道にあるお店はいつも道路まであふれる熱烈なファンが行列しています。クリスマス仕様のケーキは早くも完売の人気!but 通常のタイプでも充分特別感があるので、いろんなパーティやお祝いにピッタリ!
私が一番好きなのは、この色とりどりのフルーツ風船みたいなバルーンドフリュイ!!温かいお部屋で仲良しさんと楽しく賑やかに召し上がっていただきたいですね。
他にも、ピスタチオやイチゴのものや可愛いてんとう虫の形をしたものもあり、選んで見ていても笑顔になります。贈る方やシーンに合わせて選べるのも嬉しいですねっ。
https://www.letao.jp/products/list.php?category_id=30

22
12月
2016

蝶々のマグカップ、もう買えないのかなぁ

再上京して身の回りも落ち着かないままモロモロの仕事に振り回され、このシステムのセキュリティ強化に本人でありながら貴重な気分の乗った書けるタイミングには数回もシャットアウトされ、完全にめげて更新を断念し、ゆっくりこのブログに向かえる時間があればなーと思いつつ、あっという間に5ヶ月も経ってしまいました。
そして、5月のアイテムとしてUPしようと思っていた、この久し振りに出会えたと思えた素敵なマグカップと紅茶のセットでしたが、やはり、その間に売り切れてしまいました。再入荷はないのかなー時々サイトを訪れているのですが動きはないようで。問い合わせればいいのかなー。モンシロ蝶のも紅茶セットのものは残りあと1個のようですが、確か青いモルフォ蝶のものが最初に完売して。次はこのアオスジアゲハかキアゲハで釉薬ありの方が人気で、やっぱり、見つけた時に手に入れておかないと遠くへ飛んで行ってしまうんですねー。新しい九谷焼のスタイル、カップにセットした時に蝶がとまったように見えるティーバッグの姿も美しく、白のパッケージBOXもかなり素敵だったんですけどね〜。あまりに残念だったので、ここにUPしちゃいましたー。

08
9月
2016

ほろほろサクサクおいしいポルボロン


今一番気に入っているクッキーは、名前通りの食感のポルボロン。スペイン、アンダルシア地方発祥の小麦粉とラード、砂糖を主原料とした、クリスマスには欠かせない伝統菓子。スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナ藤本恭子さんの作り出すスペイン菓子は、渡西し習得した本場の美味しさをそのままに、また包み紙やパッケージまで可愛いらしく、愛の詰まったギフトの表情にあふれています。

ポルボロンをお口の中にほおばり、崩れる前にその名を「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」と3回唱えられたら幸せになれるのだとか。なんとも可愛いおまじない!

私はミッドタウンのDEAN & DELUCAでこのマンテカードとロスコも一緒に入れられた小さなアソートをgetしましたが、サイトにはアイテム豊富な通販ページがありますので用向きにあわせてお好きなものを選べます。ちょっとした差し入れや手土産にも喜ばれそうです。
http://dulcemina.jp/

18
4月
2016

ビーサンクチュアリから届く至福の蜂蜜ケア

ずーっとこの持ち歩きにジャストなミニサイズのギフトパックを探していて、人気で品切れだったのか、ようやく東京ミッドタウンのIDEE SHOPで入手できました。爽やかなイタリアンブラッドオレンジの香り。甘すぎず、いい感じです。
オーストラリア政府が「蜂の聖域」と定めたカンガルー島は、1885 年以来、他の品種と混ざらないよう管理され、世界最古のビーサンクチュアリとなりました。そのカンガルー島のワイルドフラワーより生み出される蜂蜜がNASAAの認定基準にのっとり低温で抽出されるリグリアンハニー。 国内外より一級品といわれ、真のオーガニックハニーともいわれています。特にプロポリスが特徴的で知られていますが、テトラヒドロキシスチルベンという抗真菌作用があるといわれる成分が、このリグリアンハニーにのみ含有されている事が確認されています。化粧品としての作用も優秀で、保湿力、肌の柔軟力にも優れ、他の蜂蜜系の成分を超えた効果をもたらせてくれるといわれています。
MAINE BEACH マインビーチ LIGURIAN HONEY Series リグリアンハニーシリーズ Essentials DUO Pack エッセンシャル デュオ パック(リップバーム・ミニハンドクリーム) 2,160円>
https://www.sanwaselect.com/sanwaselect/html/products/detail.php?product_id=1474

16
3月
2016

まさに華を添えるアクセサリーGinta

Ginta (ギンタ) というラトビア生まれのアクセサリーをご存知でしょうか?、アール・ヌーヴォーを彷彿とさせる草原に咲く花や、優雅に舞う蝶々など、自然からインスパイヤされたモチーフを、まるでレースを思わせる美しく繊細なカッティングを施した装飾的なデザインで、イタリア製のフェイクレザーを使い、着け心地軽やかに仕上げた今までにない独創的なアクセサリーです。50色ほどもある豊富なカラーバリエーションの中から選べ、お洋服に合わせて様々なシーンでエレガントにもカジュアルにもアクセントとして使える存在感のあるアクセサリーです。シンプルなワンピースやプレーンなニット類の首周りや手元がたちまち華やかに。フェイクレザー製なのでコサージュのように扱いを気にする必要もなく手軽に扱えるのが嬉しいですね。Ginta はすべてがハンドメイド。美しいディテールの花びらも一枚一枚丁寧に重ね合わせ、縫い合わせられています。 2007 年よりファッション・アートブランドとして誕生したGintaは、デザイナーであるGinta Siceva (ギンタ・スィツェヴァ)に由来しており、彼女自身ラトビア生まれでロンドン・ファッション・カレッジにてファッションデザインとイラストレーションを学びました。春先に多い式典やお呼ばれに活躍しそうですね。
http://athalie.shop-pro.jp/

28
2月
2016

Bespoke Stationeryの魅力

つい先日、表参道の裏道を懐かしく歩いていて、切り絵のアレンジのような綺麗なウインドウが目に留まりました。そこは、素材・加工・デザインにこだわった手紙用品専門店、Winged Wheel(ウィングド・ウィール)でした。最近はペーパーアクセサリーなどもあり、上質の紙ものはやはり素敵ですよね。手で触れた時のその質感・風合いは格別です。Winged Wheel では世界に何万種類もある紙素材の中から、用途やイメージに合わせて最適と思われる素材を選ぶことから始め、綿素材100%のコットンペーパーや楮(こうぞ)という植物を原料とする日本の和紙なども独自に企画し、飽きの来ないシンプルな紙を提供しているそうです。 その紙に一枚一枚丁寧に活版印刷でエンボスを施したものや、オーダーして名入れしたものに手書きの言葉をひとこと添えるだけで、長く取って置きたくなる記念や思い出の宝物になりそうです。レターセット、カード、便箋、封筒、名刺、挨拶状、招待状、席次表、貼箱など、人と人を結ぶスローなコミュニケーション手段=文(ふみ)の文化を大切に「紙」を提案されています。季節の案内状やこれから訪れるバレンタインのメッセージカードも何か特別のオリジナルの一枚を作りたいという方にお薦めです。
https://www.winged-wheel.co.jp/

19
1月
2016

パリ生まれの魅せるデザインシュガー

この蝶々をかたどった可憐なお砂糖に私が出会ったのは2002年、パリのやはりボン・マルシェが最初でしたが、その後、東京のインテリアライフスタイル展で、さらに福岡の岩田屋新館では蝶々だけでなくリボン、ハート、ダイヤモンド、花、エンジェル、鳥など、夢のあるモチーフをフルラインで揃えたショップにも遭遇しました。テーブルに飾るようにストックできるシュガースタンドやケースも様々あり、お客様をお招きする際やホームパーティーにふさわしいお洒落さんなお砂糖アイテムだと実感しました。ちょっとしたお礼やお返しなどのプチギフトにも、必ず使っていただけるもので、それでいて装飾性に富んでいるので、これからの時期などお家に常備しておくと重宝ですね。一粒一粒で形成される角砂糖の常識を超え、製品形状からパッケージまで、シンプルでエレガントな美意識に貫かれ、カップの縁に掛けられたり、マドラーを中央に通せたり、独創的なアイディアにあふれています。さすが、その造形美に追随を許さないパリを中心に、ヨーロッパ中の審美眼の高い人々に支持されている「CAN A SUCカナスック)」は、1992年にフランスで創設されたパストラーレ社によるものです。

14
12月
2015

可愛く深いとぼけた賢さ

フランスで子ども向けの哲学絵本として誕生した「はじめての哲学」シリーズ。日本ではむしろ大人向けとして、この2冊が最初に同時刊行されました。すでに数々の賞を受賞し、世界19カ国で翻訳出版されています。哲学博士で教育者のオスカー・ブルニフィエの文とジャック・デプレのつぶらな瞳の不思議なCGイラストが、まっすぐに脳と心に語りかけて来るようです。日本では『小さな王子―新約 星の王子さま』の翻訳者である藤田尊潮の繊細で美しい言葉が添えられています。パリで起きた悲しい事件の後だからこそ、また扉を開きたくなりました。違った考えがあることを認めること、正義や幸せの形も一つでないことを改めて考えさせられます。このシリーズを手がけられた編集者の方のインタビューもサイトで紹介されていますのでご一読されてはと思います。起こるべくして起きたのなら、今一番必要なことは立ち止まって”考える”ことが誰にも同様に科せられているということなのでは?哲学絵本、今こそ贈りたいと感じました。
http://www.ehonnavi.net/sp/sp_ehon00.asp?no=82543
http://www.ehonnavi.net/sp/sp_ehon00.asp?no=82544
http://www.ehonnavi.net/specialcontents/interview/20120531/
<はじめての哲学「愛すること」「生きる意味」世界文化社 各1,500円>

22
11月
2015