キレイを持ち歩くUroomでシン除菌習慣

お洒落なポータブルミストスプレーUroom。手のひらサイズのコンパクトさが使いやすいと大人気の次世代型ウイルス対策・除菌スプレー機。

Uroom+をウォータータンクに入れてプッシュボタンをタッチするだけ、希釈せずにパウチからそのままOKなので補充もカンタン!一般的なスプレーよりも約75% 小さい微細で柔らかなミストは心地良く、ムラなく噴霧されるので対象物を濡らすことなく、パソコンのキーボードや電子機器、お子様の絵本などにも安心して使えます。

また残留物なく分解される特性もあり、これまでアルコールや漂白系除菌液では不可能だった色落ちや素材の劣化が心配な革製品や大切な身の回り品にも使用でき、航空機内にも持ち込み可能なサイズなので旅行や移動中にも携帯でき安心安全です。

Uroom+の成分について
Uroom+は次亜塩素酸を主成分とした水溶液です。次亜塩素酸水溶液は1820 年にフランスで初めて工業的に生産され、国内では昭和元年( 1926 年)から製造が開始されました。これまで医療、食品加工、畜産、農業、園芸など多岐に亘る産業界で活用されており、その実績や様々な研究データから高い機能性と安全性が確認されています。

また、ノロウイルスやインフルエンザウイルスをはじめ、様々なウイルスや細菌の不活化にも高い効果あることが知られており、経済産業省が新型コロナウイルスへの有効性評価を検証したところ、有効塩素濃度35ppm 以上であれば新型コロナウイルスを 99.99% 不活化することが確認されたと発表されました。(2020年6月)

24
9月
2022

秋こそKISSOのペンダントルーペ

10年越しでまた、ようやくKISSO(キッソオ)のペンダントルーペを今、自分にgetしました。センスと機能を兼ね備え、エレガントさとポップ感もバランス良く、メガネのフレーム素材から生まれた色とりどりの個性あるセルロースアセテートを使ったアクセサリー。リングやピアス、イヤーカフ、バングルなど素敵なアイテムがいっぱい。22AWの新色も登場、この秋の期間限定ショップも各地でオープン中!眼鏡のまち鯖江が誇る、眼鏡職人の技術や素材の質感、こだわりのデザインが息づく1995年創業のKISSOは、商品の企画から素材選定、仕入れ、製造、物流、販売まで一貫されており、時代を先見したサスティナブルなモノづくりの魅力に溢れています。さらに進化する【KISSO DAO PROJECT】も10月にローンチを控えており、益々その動きとしなやかなフットワークから目が離せません。
https://japan.kisso.co.jp/24731
コロナ禍や台風に阻まれた敬老の日、オンラインショップからこの9月中に会えなかった気持ちをギフト包装で届けてみては?徐々に戻りつつある久しぶりのお出かけのコーディネートにお洒落な色を添える、それぞれの好みのアイテムを探してみるのも楽しいひと時です。
https://japan.kisso.co.jp/

22
9月
2022

高たんぱく・低脂質・低カロリーの美味しいお弁当

WooFoodsの4つの確かなベネフィットは、
①400㎉以下
②たんぱく質30g以上
③調理要らず
④専門家が監修
ラクに食事改善、オールインワンの健康食」をコンセプトに作られた冷凍弁当サービス。実際に同社が運営するパーソナルトレーニングジムのクライアントの声をきっかけに作られた完璧な食事管理をサポート!そのどのメニューを選んでも高たんぱく・低脂質・低カロリーが保証されているので安心して続けられます。
ボディケア向けの冷凍弁当の中で全てのメニューにおいて上記の条件を達成しているのはWooFoodsだけ!
また、WooFoodsは美味しさにもこだわっていて、たとえばメニューの1つであるグリルチキンは、濃厚なトマトソースでしっかりとしたジューシーな味わい、シンプルな枝豆のご飯との相性もバッチリです。しなしなになりがちな冷凍野菜も独自の製法でシャキシャキ感を残したまま食卓に届けられるよう仕上げられており、一食一食がしっかりとした味付けで満足感のあるクオリティになっています。

13
9月
2022

旅待ち顔のアタ バスケット

自分の好きに見立てた茶道具を仕組んで茶籠にするのも丁度いいなと、かれこれ10年前くらいから眺めていたMadu(マディ)のアタ ピクニックバスケットをようやくこの夏の終わりに手に入れました。本棚の上に飾って置くだけの存在になりそうな気配もありますが、まあ、それはそれで細やかな気晴らしになるというもの。まー長い間バスケット的なものを買わなかったなぁと、子供の頃は随分様々な色や形のものを見かけたようで、あれは通学用だったのか、単にファッションに合わせたり、ランチボックス用途として使い分けていたのか。
遠出が難しい中、近場へのピクニック人気も再燃したこの数年、また秋の行楽に向けて小さなお弁当でも詰め込んで、コロナ明けお散歩に出掛けられたらいいですね。
Madu(マディ)のアタ ピクニックバスケットS

09
9月
2022