Myお茶ベスト2

世界36ヶ国の専門農園から800種もの茶葉が揃う「TWG」が、シンガポールから日本・東京の自由が丘へ第1号店として上陸して2度目の桜の季節を迎えた、この春。やはり、一番に味わいたくなるのはその名も「Sakura!Sakura!Tea」。チェリーとローズの香るこのお茶は、想像よりもしっかりした風味のある桜茶です。ホットも良いですが、濃い目に出してアイスティーとしてもチェリーの酸味が強くスーッとする感じでおすすめ。何といってもオリジナルブレンド&フレーバーの缶の色合いやパッケージデザインが独特でお洒落。この他、Cavir Teasというシリーズのお茶は、その名の通りキャビア缶のような容器に納められ、「MAGIC MOMENT」や「TIMELESS」など、それぞれに魅惑的なネーミングがシンガポールのブレンダーによってつけられていて、いったいどんな味がするのかしら?と心躍らせる香り高きお遣い物として大変喜ばれそうです。
http://www.twgtea.com/
<Sakura!Sakura!Tea 3,000円>

07
4月
2012

つくづく感心する和菓子

よく和菓子は和食同様、目で味わうものと言われたり、また口にする、食す芸術とも言われますよね。そして、日本は四季のある国ですから、季節の折々のお菓子があって、本当にその自然をかたどった姿は、誰もがすぐに食べてしまうのは風情がないと、しばし眺めずにはおられないもの。これまで根っからの甘いもの好きも手伝って、全国全県足を運び、またお取り寄せもするなどして気になる甘味にはずいぶん親しんで来ましたが、つくづく感心する、その名前といい、形といい、色といい、味といい、どうしたら、こんな素晴らしいものを創り出せるのか、また、ずっと同じ美しさで同じものを作り続けられるのかと、その店とその職人のはかり知れぬ磨かれた感性と技術にただただ感心してしまいます。老舗とはやっぱり凄いものだなあと、多くの人に時代を経て長く愛されるには、それだけの理由があるわけですよね。和菓子を食べる時、そして桜の咲く時期が近づくと、日本人で良かったなぁとほんとに思います。
http://www.siono.jp/
http://www.saneido.jp/index.html
http://www.suya-honke.co.jp/
http://www.baikatei.co.jp/index.html
http://www.usugori.co.jp
http://www.tamazawa.jp/pcindex.html

06
3月
2010

いきなり一押しシリーズ・調味料はコレ!

銀座煙事(えんじ)は私の大のお気に入り。シックでお洒落なバーなのに、メニューのない裏メニューは人気で、知る人ぞ知るカレーやTKG(たまごかけご飯)やオムレツ、パスタ、肉料理・魚料理からポテサラまで何でもござい!冬はラーメンさえも登場!メニューはないけど、表メニューというかお店の看板商品は、その名の通り、燻製品の数々。ベーコンやチーズ、ナッツなどの定番から季節のからすみやあわびまで、何でも燻製にしちゃって、美味しさが深くて、染み込む染み込む。

アルコールにも、合う合う。中でも、やはり珍しいのが液体までも燻製にしてしまった、燻製しょうゆ燻製オリーブオイル!私は使いやすく食卓に飾っても絵になるハーフサイズが気軽な贈り物には最適で、オススメまくってますが、友人知人、メディアの方にさえも紹介すると必ず喜んでいただけます。ギフトセットも豊富で価格・内容ともバリエーションがあり、お世話になった方への贈り物として重宝します。
http://www.karuizawa-enji.co.jp/smp/
<燻製しょうゆ100ml 1,200円、燻製オリーブオイル100ml 1,400円>

01
2月
2010